Homeへ戻る
事業紹介
計算尺
特殊計算尺j
計算尺の歴史
計算尺の歴史
計算尺について

当社は100年余りの間、その経験とノウハウを活かし、1,000種類を超える特殊計算尺を世に送ってまいりました。
機械・電気・電子・化学・建築・土木等の工学関係はもとより、医療・健康等幅広い分野での計算のツールとして、今でもご利用いただいております。
計算尺の大きなメリットは、複雑な技術計算や経営・商業関連の複利計算・利益率等、繰り返しまたは高い頻度で必要となる計算の概算値を簡単に算出できる点にあります。
“こんな計算尺があれば”とお考えの方は是非ご相談ください。

また、当社では、以下のような特殊計算尺(樹脂製)を扱っております。
是非ともご用命賜りますようお願い申し上げます。
(なお、竹製計算尺の販売および修理は、現在行っておりません。)

「体重バランス計算尺」(健康関連計算)

身長と体重から「やせすぎ」〜「ふとりすぎ」を判定します。

主に幼児向け(カープ指数)、学童以上向け(ローレル指数)として、学校等で利用されています。成人の方でもご利用いただけます。
 
「ダクト計算尺」(ダクト配管・流体設計関連計算)

空調設備に関し、風量、単位圧力損失、ダクト内風速、ダクトサイズのうち、風量および他の1項目から残り2項目を算出します。
主に、空調設備工事現場において、概算値を算出する際に用いられています。
この応用品も利用されています。

 
「心胸郭比スケール」(医療関連計算)

胸部X線写真から心臓の拡大程度を表す心胸郭比(CTR)を計算します。
計算尺の上部が測定用に工夫されたスケールとなっており、医療現場で使いやすいものとなっています。

 

以上を含む特殊計算尺の製作販売実績

・経営関連計算(経営診断、利益率等)
・公害関連計算(煙道ガスの拡散等)
・医療関連計算(心胸郭比、肺換気機能、点滴速度等)
・健康関連計算(肥満度チェック、カロリー計算等)
・航空機関連計算(荷重バランス等)
・建築設計関連計算(建築構造設計等)
・ダクト配管・流体設計関連計算(空気調和設計、配管径等)

前のページへ戻る
このページの先頭へ
ヘンミ計算尺株式会社 個人情報保護方針 サイトマップ お問い合わせ